面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

面接後の注意点

■会社から出ても姿勢を崩さずに!

ある会社で面接官を担当していた人に話を聞いたことがあります。最近の面接には、「えっ!そんなところまで審査をしているの!?」と驚かされることも多いですね。そこで、私がこの人に聞いた話の中で、印象に残っている部分を紹介します。

この人が勤めていた会社では、面接が終了したあと、控室で待っている候補者にこう言います。「○○電車で来た人は、前の大通りを北に歩いていけば駅まで近いですよ」とか、「バスの方はこのビルの裏から出ると便利ですよ」という感じです。一見すると、面接が終わった候補者たちを気遣っているような言葉ですね。ところが、この言葉にも大きな意味が隠されていたんですよ。

面接は、面接中の会話だけで審査されるものではありません。「待ち時間」や「入室&体質」のマナーも、審査の大きなポイントになるんですね。またこの会社では、「会社から出て、交通機関を利用するまで」も大きな審査ポイントになっていたんですよ。

つまり、会社を出て「すぐにネクタイを外す」や「すぐにタバコに火をつける」などの行為を候補者が行っているかどうか、それも審査のポイントになっていたのです。そこで、電車を利用する候補者には「駅への近道」を教えて、その道に電車を利用する候補者をすべて集めているのです。もちろん、バスの場合も同じです。こうすることで、会社の外で待機している「覆面面接官」が、それぞれの候補者の態度を審査しているということです。

いやはや…最近の面接は、会社を出ても気が抜けないものですね。この人は、「これほどまでに厳しい審査をやっている会社は少ないけど、ゼロじゃないよ」と言っていました。皆さんも、万が一のこと考えて、会社に出ても気を抜かないようにしておいた方が良いかもしれませんよ。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.