面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

面接後の注意点

■「ほっとした顔」は禁物!

「ほっとした顔」は、面接が終わるとどうしても出てしまいますね。しかし、場合によっては「ほっとした顔」が減点対象になる場合もありますので、ぜひ注意しておきましょう。

新社会人の場合、まだ社会人としての「心構え」が身に付いていません。したがって、面接での「緊張ぶり」や「焦っている表情」なども、それほど大きな減点対象にはならないんですね。むしろ、学生さんの場合はほとんどのケースで「緊張ぶり」が見られますので、それをいちいち減点対象にしていると、ほとんどの候補者が減点対象になってしまうことになります。

しかし、「転職者」の場合はそうはいきません。転職者であれば、これまでの社会人経験がありますので、社会人としての「礼儀」や「心構え」、それに「コミュニケーション能力」もある程度は身についているはずです。面接官もそれを承知していますので、転職者の就職面接に関しては「より厳しい目で見られている」と考えておきましょう。

さて、そんな転職者の面接では、「ほっとした顔」を見せるのは禁物です。面接官からすれば、「この候補者、何となく新社会人みたいだな…」と思えるでしょうし、また、「こんなに緊張するなんて、本当に社会人としての経験があるのか…」など、それを取っても「マイナスの印象」にしか映らないんですよ。

また、転職者だけでなく、新社会人であっても面接終了後に「ほっとした顔」を見せるのはあまり良くありません。面接時の「緊張ぶり」は許されることが多いのですが、終了後に「ほっとした顔」をすぐに見せてしまうと、「詰めが甘い」ということになり、大きな減点対象にはならないものの、少なくとも「プラス」にはならないと思ってくださいね。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.