面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

効果的な「自己PR」とは?

■自分の「長所」を用意しておく

就職面接でよく聞かれる質問に、「あなたの長所はなんですか?」というものがあります。典型的な質問でありながら、なかなか回答に悩む質問でもありますね。そこで、効果的な自己アピール方法として、あなたの長所うまく伝える練習をしてみましょう。

まず、「長所だけ」を言うのではなく、あなたの長所を述べた後に、「その長所がどのような場面で証明できたか?」も言っておく必要があります。長所は、ウソを言おうと思えばいくらでも言えるものです。したがって、「長所の羅列」だけでは、決して説得力が出ないと思ってください。人間は誰でも1つ以上の長所があると思いますが、面接では1つの長所だけでも構いません。大切なのは、「その長所がどれだけ会社にとって役に立つのか?」をアピールすることなのです。

「その長所がどれだけ会社にとって役に立つのか?」をアピールするには、「その会社が求めているスキル」を調査しておけばOKです。たとえば、「長所&長所が証明できる場面」を述べたとしても、その長所自体が会社にとって役に立たないものであれば、賢い自己アピールとは言えません。つまり、あなたの中にある複数の長所の中から、「その会社にとって大切な長所」を1つ選んで、さらにその長所が生かされた場面を言っておけばいいのです。

たとえば、あなたが面接を受ける会社が「通信系」の会社なら、「私の長所はコミュニケーション能力が高いことです。学生のころ、放送部に所属しており、定期的に学内の放送を担当していました。学内放送として、放送する内容に制限があることもありましたが、限られた範囲の中で魅力的なコンテンツを放送することを心がけてきました。おかげで、人とのコミュニケーションがとても楽しく感じられ、どのような場面でもそれほど緊張しなくなりました。」という感じです。通信系の会社の面接としては、なかなか好印象が持たれそうな自己アピールですね。

皆さんも、「その会社にとって求められるスキルは何か?」をまず調査して、その観点からあなたの長所を1つピックアップし、さらに、その長所が発揮された場面などを述べておきましょう。そうすることで、より効果的な自己アピールが出来ると思いますよ。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.