面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

効果的な「自己PR」とは?

■自分の経験がどう生かせるのかをアピールしよう!

新社会人にとっては「学生としての経験」、また、転職者であれば「社会人としての過去の経験」があるはずです。経験は、就職面接において大きな武器になるんですね。「まったく経験がない人」や、「経験はあるものの、その会社が求める経験ではない」のであれば、なかなか採用を勝ち取ることは出来ないでしょう。そこで、あなたのこれまでの経験が、その会社にどのように生かせるかをしっかりと把握しておきましょう。

「あなたの経験がその会社にどうやって生かせるか?」を明確にするには、その会社を調査することが大切です。たとえば、「IT系」の会社の場合、あなたのIT関連の経験が役に立つことでしょう。学生時代、あるいはこれまでに「ホームページの作成経験がある」や、「魅力的なコンテンツを作ることに携わっていました」などは、「効果的な経験のアピール」と言えるでしょう。

経験は、誰にでもあると思いますが、「どんな経験でも構わない」というわけではありません。出来るなら、その会社の業務内容に沿った経験と、それを「どうやって生かすのか」などをアピールしておきたいものです。

しかし、その会社の業務に沿った経験と活用法が見つからないこともあります。新社会人の方ですと、仕事の経験が少ない分、どうしても見つからないこともあるんですね。そんな時は、「人間関係」における経験や、「精神的に強くなった経験」などをアピールしておきましょう。たとえば、体育会系のクラブで残した実績や、学校行事で培った経験などがそうですね。新社会人の場合、面接官も業務に沿った経験をそれほど求めていませんので、むしろ、上記のような「人間修業」の経験をアピールしておくと、より好印象に移る可能性が高いと言えるでしょう。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.