面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

具体的な面接対策を紹介

■「質問返し」は許されるのか?

面接において、候補者の中には「質問返し」をする人がいます。面接は、基本的には「あなたが答える」ためのものであり、あまりにもしつこい「質問返し」は敬遠されます。質問返しを連発すると、面接官からすれば「あなたが希望してこの会社の面接に来たんでしょ?なのに、なぜそれほどまで弊社を疑うのか…」と感じるでしょう。しかし、時として質問返しをすることは「効果的」になります。そこで、「効果的な質問返し」について勉強しておきましょう。

前述のように、面接は「あなたが答える場所」であり、「あなたの疑問を解決する場所」ではありません。したがって、何でもかんでも質問返しをするのは良くありませんね。しかし、「面接官が知りたい点を明確に述べた後」なら、多少の質問返しは許されると思ってください。何回も言いますが、面接は「あなたが答える場所」です。つまり、「あなたが答えるべき点」を面接官が納得したら、その後で少しだけ質問を返しても構わないということです。

また、質問の意味が理解できなかったときは、「その質問は○○を答えろということですか?」などのように、質問に的確にこたえるための必要な「確認質問」であれば、どのような質問に対しても必ずしておきましょう。さもないと、意味が理解できないままチンプンカンプンな答えを言ってしまうことになり、もちろん、減点対象になるのは言うまでもありません。

ただし、面接時には「お給料」や「待遇」などについて聞いてはいけません。候補者の中には、「課長になるにはどれくらいの勤続年数が必要ですか?」と聞く人もいるようですが、面接官からすれば「苦笑い」するしかありませんね。あなたに課長になれるほどの「実力」があるのかどうかも分かりませんし、「平社員から頑張ってステップアップする」という「やる気」がまったく感じられません。もちろん、不採用になる可能性はかなり高いと言えるでしょう。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.