面接対策.com -質問・マナー・自己PRなど-

具体的な面接対策を紹介

■「結論→根拠」の順番を守る

「ぶっつけ本番で就職面接を受ける」という人は少ないでしょう。就職面接は、あなたの将来を決める大事なイベントでもあるのです。したがって、事前にしっかりと面接のマナーや話し方などを勉強して臨む人がほとんどだと思います。ところが、「勉強しすぎたあまり、失敗してしまう」ということもあるんですね。せっかく勉強したのに、それが原因で不採用になるなど、後悔してもしきれませんよね。

就職面接には、いくつかの「お決まりの質問」があります。最近では個性や人間性を判断するために「面白い質問や課題」を用意している企業もありますが、「志望動機は何ですか?」などの質問は、やはり昔からの定番と言えるのです。

このような質問の場合、「答える内容」を事前に準備することもあると思いますが、内容に懲りすぎるあまり、話全体の「筋」が複雑になっていることがあるんですね。

たとえば、志望動機を聞かれた時に、「御社は、創業時から○○に力を入れてこられました。また、特に××の分野における最近の活躍は素晴らしいと思います…」などと答える人がいます。もちろん最後には、「それらの点を考慮して、ぜひ御社で働きたいと思ったためです」と答えることでしょう。つまり、「長い根拠→短い理由」の構成になっているのです。

皆さんの周りに、「話していてイライラする」という人はいませんか?もしいるなら、その人の「話の筋」をチェックしてみましょう。たいていのケースで「長い根拠→短い理由」になっており、イライラする理由とは、「いつまでたっても求めている答えが出てこない」ということなのです。

これは、就職面接においては「致命的」です。あなたの「コミュニケーション能力」と「会話能力」が疑われる結果になる可能性が高いのです。したがって、すべての質問において、まずは「理由」を簡潔に述べ、その後で、「付け足し」として根拠を述べるようにしておきましょう。

面接合格率を格段にアップさせるサイト!人気ランキング

1位 リクルートエージェント
2位 マイナビエージェント
3位 DODA(デューダ)



→リクルートエージェントの詳細をオフィシャルページで見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 面接対策.com All Rights Reserved.